犬と猫の性格の違い

室内で犬と猫を一匹ずつ飼っています。ある時、この犬と猫が同時に結膜炎になって、どちらも一日に数回目薬をさすことになりました。人間の幼児でも目薬をさすのは一苦労ですから、ましてや相手が動物となると、かなり大変な作業になります。

ところが犬の方は、最初は嫌がっていたものの、目薬の後にちょっとしたご褒美を与えるようにしていたら、目薬を出すだけで尻尾を振ってすっとんでくるようになりました。どうやら目薬=美味しいおやつということを理解して目薬が苦にならなくなった様子。

一方猫は、美味しいおやつをちらつかせようが嫌なものは嫌。目薬嫌だ~おやつだけちょうだい、と毎回大騒ぎ。なんで美味しいものを食べるために嫌なことを我慢しなければならないのかという発想のようです。

彼らは、馬鹿だから目薬=おやつと関連付けられないのではなく、おやつをもらうために目薬を我慢するという屈辱に耐えられないのです。犬は好きだけど猫は苦手、という人がいますが確かに、ご褒美で釣っていうことを聞かせやすい犬に比べて猫は非常に扱いにくく、短気な人には合わないだろうなあと思います。

私は、素直で扱いやすい犬も好きですが、なかなかいうこと聞かない猫も大好きです。全く性質の違う二匹と格闘しながら、犬と猫の違いを観察するのも楽しみの一つです。

子ども向けアニメが実は苦手でかなりストレス…

アニメでも子どもの泣き声が大嫌いです。一応これでも子どもの母親ですよ。けれども、子どもの泣き声が好きか嫌いかで言われたら、誰だって嫌いだというものでしょう。

「子どもは泣くものだ、仕方ない」と、割り切っている(割り切らざるを得ない)から、子どもが泣いても受け入れますが、しかしテレビから聞こえてくる子どもの泣き声は不快以外のなにものでもありませんね。

とくにアニメのなかでの子どもの泣き声なんて、速攻でチャンネルを変えるぐらいに大嫌いだというものですよ。しかも女声優があからさまなつくった声で、「え~!びえ~!」と子どもの泣き声を出していて、もうイライラは最高潮に達してしまいます。

アニメのなかの赤ちゃんの泣き声だって大嫌いです。そして当然ですけれど、赤ちゃんや子どもはわがままもいいところじゃないですか。とくにアニメのなかの赤ちゃん、子どもなんて、そのわがままがストーリーを展開させていくというものですから、マックスにわがままというものです。

それがもう、私を最高潮にいらつかせるのですよね。「アンタが世界の中心ってわけやないでー!」と盛大にツッコミを入れてしまいたいですよ。て、いうか、チャンネルを切りたいのですが、しかしうちの子どもが大好きで見ているので、きることができないのですよね。

ああ、またアニメのなかで「かわいいでしょー」といったように子どもがふるまっていて、正直うざいことこの上ないですわ。けれどもそんなことは現実世界ではうちの子どもにさえ吐き出せないのですけれど。

焼きたてお菓子の幸せな香り

焼きたてのお菓子って、すごく贅沢な気持ちになります。だんだんと焼けて来ると香ってくる甘い香り、まだ温かいクッキーやパウンドケーキは、手作りでしか味わえないおいしさです。

でもいいなあ、と思ってもそこは生来のズボラな性格が災いして、なかなか実際に作るまでには至りません。

お菓子作りの動画を見たり、お菓子作りの可愛い道具を買って満足してしまったり。

お菓子を作った事が無いわけじゃないんです。でも、後片付けを考えるとついついめんどくさくなっちゃうんですよね。

いつか作ろう、と思ってレシピ本を眺めたり、していました。

ホットケーキミックスでお菓子が作れる事も知っているし、そこそこ美味しい焼き菓子が出来るのも知っているのですが、「ボウルで泡だて器で混ぜる」と考えるだけで「今日はいいや」となってしまっていました。

私の様なめんどくさがりが多いのか、先日スーパーで見つけた「ケーキの箱」という商品は画期的でした。

紙製の容器に中身をあけ、卵とサラダ油、水をまぜまぜ。そしてそのままオーブンへ。

焼きあがると容器を開いて、お皿にもなるんです。

なんて簡単なんでしょう。汚れたのは混ぜるのに使ったフォークと軽量スプーンだけ!

オーブンで焼いている40分の間、漂ってくる甘い香りと、だんだん膨らむケーキの様子に久しぶりのワクワク感を満喫しました。

出来上がったチョコレートケーキはあっという間に美味しく頂きましたよ。

憧れのネイリスト

私は小さい時から、おしゃれや、綺麗になること、キラキラするものに興味がありました。特に化粧やコスメ、ネイルなどに。

特にネイルは、季節によっていろんなアレンジや、季節感が出せるので魅力的です。あとは、デザインによって全く雰囲気もちがうので、ネイリストのセンスにも関係してきます。そして細かい作業をしていくことになるので、手先も器用になったり感性やセンスが磨かれるのではないでしょうか。

だから、ものすごくネイリストに魅力を感じます。最近は、ネイリストの需要も高まっているので、ネイリストになっても働く場所はありますし、なにより女性らしい職業です。専門学校やネイルスクールに行って資格を主にとるため大学とはちがい、比較的早くとることができるように思います。

ネイリストになったら経験をつんでいろんなデザインに挑戦してみたいと思います。ネイリストにものすごく憧れているので、夢が叶うように切磋琢磨します。

愛犬と一緒にお出かけやウオーキングが趣味です

我が家にはヨークシャーテリアとポメラニアンの2頭の愛犬がいます。愛犬達は普段は近所の公園にお散歩に行く事が日常生活の中の一部になっているため、私もお散歩をかねて運動不足解消のために少し早歩きをして、ウオーキングをしています。

愛犬達もとても楽しそうに歩いてくれるし、なにより風を切って歩く事が気持ちがよく、暑い時も寒い時も季節を日々感じる事が出来るので楽しんで歩いています。帰宅後は結構疲れますが、心地が良い疲れ方で愛犬達も満足そうなのでお互いにとって良い感じがしています。

休日には、家族で愛犬も一緒にお出かけをする事が多いです。

先日は海が見える公園に行きいつもとは違う公園だったため愛犬もとても嬉しそうで、歩く速度が違って見えました。

お出かけでは、犬を連れていると話しかけられる事が多く、色んな人と接する事が出来て私達まで楽しませてくれています。

愛犬がいる事で、毎日の暮らしが何倍も楽しく感じているので、犬がいる生活には満足しています。

これからも、健康対策もかねてウオーキングは続けていきたいと思っていいます。愛犬とのお出かけも、今後はもっと遠くまで行って、ペットと泊まれるホテルなどに泊まりに行きたいと思います。

ホットヨガの体験教室後のビールが忘れられません。

先日、ママ友に誘われて、ホットヨガの体験教室に行ってきました。私はものぐさな性格なので、こうやって誘ってもらえるのが結構ありがたいです。特にホットヨガは、前々から興味を持っていたので、体験教室に行くのを楽しみにしていました。

当日は動きやすいウェアを持参して下さいとの事でしたので、ユニクロのタンクトップとハーフパンツをチョイス。ペットボトルの水とタオルも用意して、教室の暑さに驚きながら、90分のレッスンを体験してきました。

やってみて驚いたのが、かく汗の量のハンパなさです。「ホットなんだから当たり前じゃん」と言われそうですが、本当に凄いです。ヨガマットが池みたいでした…。

心配していたポーズはスローモーで、それほどキツイ感じではありませんでした。初心者向けのせいかな?

でもママ友ちゃんは結構よろけたりしていたので、「私の方が、ヨガの才能があるのかも!」と、密かに自慢に思っています。ゴメン。

お教室終了後、まだ真昼間(しかも平日)だったのですが、ママ友とビールを飲みました。ホントはすぐに飲んではいけないのですが、「きっと今飲んだら美味しいだろう」という誘惑に、2人とも負けました…。

ビールは本気で美味しかったです。この爽快感をまた味わうため、入会しようかな~と考え中です。

台風で家計にも打撃が来そうですね

ここ最近、台風が立て続けに来ていますね。特に、台風12号では、東北や北海道が大きな被害を受けていました。

それもつかの間、また新しい台風も発生しているようで…。9月は台風が多いですが、今年は特に多いと感じています。

そんな中で、今朝のニュースで見て、気になったことがあります。それは、台風の影響で、じゃがいもやニンジンの値段が高騰しそう、というニュースです。

なんでも、北海道に台風が上陸した影響で、じゃがいも畑やニンジン畑が大ダメージを受けたそうです。ちょうど収穫期だったようなのですが、それも台風のせいでほとんどダメになってしまったらしいです。

また、既に成長していた野菜だけでなく、農地自体が台風によるダメージを受けてしまって、今年の収穫どころか、来年からまた野菜を栽培できるかどうかもわからない状況の畑が少なくないそうなのです。

じゃがいもやにんじんといえば、家庭でもよく料理に使う野菜ですよね。

私の夫も子供たちも、カレーが大好物で、我が家では週に1度はカレーにしているのですが、カレーには必ずじゃがいももにんじんも入れているんです。

なので、値段が高騰してしまったら、家計にもダメージが来るなあと不安でいます。他の野菜も値段が高騰しているものが多いのに、さらに身近なじゃがいももにんじんもとなると、辛いです…。

値段の高騰は来年3月ごろまで続く見込みという予想もあるそうです。台風の被害にあわれた地域の復興を心から願っています。

それとともに、またおいしい野菜を手ごろに食べられるようになればいいなと思っています。